> カテゴリ
全体
未分類
> フォロー中のブログ
日本記者クラブ賞 本紙・梅津記者に 音楽担当の受賞は初(毎日新聞)
 社団法人・日本記者クラブ(斎藤史郎理事長)は23日、毎日新聞東京本社学芸部の梅津時比古(ときひこ)・専門編集委員(61)に今年度の日本記者クラブ賞を贈ることを決めた。授賞式は5月28日の総会で行われる。

 梅津記者はクラシック音楽担当。芸術表現の本質をわかりやすい言葉で追い求めるコラムで定評がある。本紙連載中の「音のかなたへ」は、タイトルを変えながら20年以上も続き、プロの演奏家を含めた幅広い読者の共感を呼んできた。

 また、アカデミズムの研究者に並ぶ学問的業績も上げており、04年には著書「<セロ弾きのゴーシュ>の音楽論」で、ジャーナリストとして初めて芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した。

 今回、音楽の新しい聴き方を長年にわたりさまざまな形で読者に提示し、新聞の音楽評論の分野で斬新な世界を確立したことが高く評価された。

 日本記者クラブ賞は、ジャーナリズムの信用と権威を高めた記者の顕彰を目的に1973年度に創設された。09年度までに43人が受賞しているが、音楽担当記者の受賞は初。

 梅津記者は神奈川県出身。71年入社。校閲部、社会部を経て86年学芸部、97年編集委員。02年には、毎日新聞社が特に優れた専門知識と筆力を持つと評価する専門編集委員の最初の一人になった。

 他の著書に「<ゴーシュ>という名前」「冬の旅 24の象徴の森へ」「フェルメールの楽器」など多数。

 梅津時比古専門編集委員の話 音楽に耳を傾けることは、社会全般の基となる人間の心を探ることにつながるという思いで書いてきました。ジャーナリズムの中でも光の当たりにくいクラシック音楽の分野での受賞は、読者の皆様から励まされたものと思います。感謝のほかありません。

【関連ニュース】
サントリー音楽賞:09年度は指揮者の大野和士さんに
坂田記念賞:毎日新聞大阪本社編集局取材班など表彰
ひと:礒山雅さん 音楽学者がホールプロデューサー20年
小澤征爾さん:8月の長野・松本公演も降板
訃報:横山勝也さん75歳=尺八奏者、東京音楽大名誉教授

福祉医療機構の「福祉貸付」「医療貸付」は現状維持−事業仕分け第2弾(医療介護CBニュース)
ひらり春謳歌 葛飾・水元公園のツマキチョウ(産経新聞)
牛肉輸出を一時停止=農水省(時事通信)
<外国人地方選挙権>議員にヤジと喝采乱れ飛ぶ…反対派会場(毎日新聞)
脅されてコンビニ強盗…恐喝ばれて少年逮捕 栃木(産経新聞)
[PR]
# by ciomqvd5u1 | 2010-04-27 15:51
地上、ヘリ両部隊は「65カイリ以内」に=米側が要求−普天間移設(時事通信)
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の新たな移設先について、米側が日本政府に対し、海兵隊の地上部隊とヘリ部隊の駐留場所の距離は「65カイリ(約120キロ)以内」とするよう求めていることが分かった。政府高官が21日、明らかにした。
 鳩山内閣は、普天間に駐留するヘリ部隊について、米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市など)陸上部と鹿児島県・徳之島に分散移転する案を検討している。キャンプ・シュワブと徳之島は180キロ程度の距離で、米側には具体的な許容範囲を示すことで、徳之島案を拒否する姿勢を明確に示す狙いがあるとみられる。 

コンテナ収納を再開=ISS滞在の山崎さん、アームを操作(時事通信)
解雇訴訟 元露鵬ら「納得いかない」…東京地裁請求棄却(毎日新聞)
J:COMケーブルテレビ回線電話が不通(産経新聞)
<日韓議連>新会長に渡部恒三氏 政権交代で自民・森氏から(毎日新聞)
警備員お手柄、東京→横浜尾行=窃盗容疑で手配の男逮捕(時事通信)
[PR]
# by ciomqvd5u1 | 2010-04-23 01:13
<自民党>舛添氏「新党の『し』の字も話していないのに…」(毎日新聞)
 自民党の舛添要一前厚生労働相は19日、福岡市で開かれた「毎日・世論フォーラム」(毎日新聞社主催)で講演し、「新党の『し』の字も話していないのにメディアが先走り、迷惑した」と新党志向を事実上、軌道修正。そのうえで同氏を批判した同僚議員を名指しして反論した。

 舛添氏がやり玉に挙げたのは、先週、「オオカミ中年。(党を)明日にも出た方がいい」と酷評した後藤田正純元内閣府政務官。後藤田氏が県連会長を務める徳島県で、同党の参院選候補者選考が混乱したことを指摘し「県連を崩壊に導いた人は責任を感じるべきだ」と応酬した。

 舛添氏の「弁明」は1時間の講演時間をオーバー、予定していた質疑応答は中止になった。

【関連ニュース】
舛添前厚労相:新党に触れず 東国原知事と会談
舛添氏:次の一手は? 新党構想、援軍なく
舛添前厚労相:与謝野元財務相らと連携否定 新党参加せず
舛添氏:執行部を批判「国会対策あまりに稚拙」
鳩山氏離党:与謝野氏「話聞く」、舛添氏「決めてない」

混合診療解禁などで意見交換−民主党国民生活研究会総会(医療介護CBニュース)
両陛下、宝塚歌劇を鑑賞(時事通信)
<チューリップ>春のじゅうたん…120万本が満開 三重(毎日新聞)
アジア技術者育成へ拠点=原子力平和利用に貢献表明−核サミットで鳩山首相(時事通信)
海で胴体部分発見=女性会社員との関連捜査−福岡県警(時事通信)
[PR]
# by ciomqvd5u1 | 2010-04-20 12:54
月山スキー場 オープン 白一色、上部は積雪8メートル(毎日新聞)
 春と夏が滑走シーズンとなる山形県西川町の月山スキー場が10日、オープンした。青い空の下、スキーヤーやスノーボーダーが初滑りを楽しんだ。

 月山(標高1984メートル)中腹にある同スキー場は冬季、雪が多過ぎるため閉鎖され、毎年この時期から7月下旬まで営業する。今年の積雪量は例年より1メートルほど少ないものの、標高約1500メートルのゲレンデ上部はまだ8メートルもの雪が。山形市内はあと1週間で桜が見ごろを迎えるが、スキー場は白一色の別世界だ。

 この日午前10時には約800人が訪れ、同県酒田市の会社員、小田実さん(41)は「暖かい太陽の下で景色を見ながら滑れるのがここの醍醐味(だいごみ)」と話していた。【丸山博】

【関連ニュース】
帰りたい:私だけのふるさと 古川日出男さん 福島県郡山市
憂楽帳:安積開拓と立岩一郎
写真展:信太さんと塾生の作品、宇都宮できょうまで /栃木
スキー場:大山山ろく4スキー場、微増の14万5900人 目標には届かず /鳥取
九重森林公園スキー場:今季営業終了 「暖冬には勝てない」 /大分

高齢者向け施設「たまゆら」の運営NPOが解散(医療介護CBニュース)
<山崎直子飛行士>巨大コンテナ取り付け作業開始(毎日新聞)
園田氏らの退会了承=自民・古賀派(時事通信)
少女わいせつ容疑の2等陸曹、宿舎に銃剣(読売新聞)
携帯かゆみ・虫刺され薬「プチウナコーワα」を新発売―興和(医療介護CBニュース)
[PR]
# by ciomqvd5u1 | 2010-04-14 00:57
臓器提供の意思 運転免許に記載 警察庁改正案(産経新聞)
 臓器提供の普及拡大努力を行政機関に求める改正臓器移植法の7月施行を前に、警察庁は1日、運転免許証の裏面に臓器提供意思表示カードの内容を盛り込む道交法施行規則の改正案をまとめた。

 2日から5月1日までホームページで意見を募集する。

 厚生労働省も、健康保険証の裏面に記載する内容の関係法施行規則の改正を決め、今月21日まで意見を受け付けている。

 昨年7月改正の臓器移植法では、国や自治体に、臓器提供意思の有無を免許証や保険証に記すことができる施策を講じるよう求めている。

iPS細胞から高効率で肝細胞作成 阪大など(産経新聞)
「国家公務員の働きに感謝」新人キャリアに首相訓辞(産経新聞)
上野公園で花見客財布盗み殴る=容疑でJR東車掌逮捕−警視庁(時事通信)
<雑記帳>愛称は「米子鬼太郎空港」(毎日新聞)
<自立援助ホーム>「あすなろ荘」19歳寮生、初の進学者(毎日新聞)
[PR]
# by ciomqvd5u1 | 2010-04-08 22:48
   

システムエンジニア、たまにはまったり行きましょう
by ciomqvd5u1
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧